usagiの気まぐれ情報

PSP3000を購入しました

※Amazon、Amazonのロゴ、JavariおよびJavariのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイートクッキーをPSP-1000でも使う裏技

PSP-1000でPSP-3000に搭載されている「スイートクッキー」を使う方法を解説します。

【スイートクッキーを取り出す】
《準備物》
・CFW/HEN/HBLでPSP FILERが起動出来る FW 6.20以降のPSP-2000 or 3000(or go?)
・32MB以上のMS

手順1. PSP FILERを起動する。
手順2. 「SELECT」ボタンを押して「flash0」にする。
手順3. vshフォルダ→resourceフォルダを開く。
手順4. 多数あるファイルのうち、「Custom_Theme.dat」を探す。
手順5. datファイルをMSのPSPフォルダ→THEMEフォルダにコピー。
手順6. コピーしたdatファイルを「○○○○○.ptf」にリネーム。(〇は好きな名前)手順7. XMBのテーマ設定より適用。

注意点!
この方法はflashからデータを読み込むので、この手順を踏んでPSPが壊れても責任は負いませんのでよく注意しながらやって下さい。
スポンサーサイト
[ 2011/02/19 21:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)
この記事と少し似たことをすれば、PSNからダウンロードしたカスタムテーマをほかのPSPに移せますねw
[ 2011/02/19 22:49 コメントID:-] [ 編集 ]
すみません、↑の者ですが、他のPSPを持っていないので、本当かどうか試せませんorz
[ 2011/02/19 23:29 コメントID:-] [ 編集 ]
管理人がPSNからDLしたカスタムテーマを取り出して自分が持っている別のPSPでも適用出来るか実験したところ、認証なしで上手く適用されました。
[ 2011/02/20 15:52 コメントID:kbO21HK.] [ 編集 ]
そうですか!ありがとうございます!
[ 2011/02/20 21:38 コメントID:-] [ 編集 ]
HBLのPSPではFLASH0にアクセスできないようなので、一度本体のテーマ設定から設定して、FLASH1から取り出せば問題ないようです
また、逆の手順を踏むとスイートクッキーから変更できるとか……(未確認)
[ 2011/02/22 21:29 コメントID:kbO21HK.] [ 編集 ]
管理人さん、HBL for 6.37でflash0にアクセスできましたよ。(もちろんfilerで。)あと、filerにはflash0保護機能みたいなのが、HBLでやってる時に動くんで、pspはこわれません。(flah1は編集できるので、flash1はいじらないほうがいい。)
[ 2011/04/23 10:40 コメントID:-] [ 編集 ]
>管理人さん、HBL for 6.37でflash0にアクセスできましたよ。(もちろんfilerで。)あと、filerにはflash0保護機能みたいなのが、HBLでやってる時に動くんで、pspはこわれません。(flah1は編集できるので、flash1はいじらないほうがいい。)

情報ありがとうございます。
記事に追記しておきおますね。
[ 2011/04/23 17:45 コメントID:kbO21HK.] [ 編集 ]
コメントの投稿
注意! 以下のことを守って投稿お願いします。

・マナーを守りましょう。(守れない方はそれなりに対処します。)
・URLを載せるときは、h抜きをしてください。(ex.http→ttp)
・「管理者にだけ表示を許可する」にした場合、コメント欄に
 返信用メールアドレスを入力してください。
 (連絡以外には絶対に使用致しません
・編集パスワードを入力してください。(他人の改ざん防止)


管理人のコメントIDは、kbO21HK.です。
※定期的に変更いたします。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

過去ログ

アクセスカウンター

+1897回目の閲覧です。



メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



--または--

まで、ご意見・ご感想をお聞かせください。
Language
Android
  • 開発環境構築


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。